« いろいろ | トップページ | 手品 »

2007年10月 9日 (火)

秋のにおい

金木犀がいいにおい。

金木犀は高校の文化祭のにおい。

文化祭の前は毎日まいにち遅くまで学校に残っていた。8時を過ぎると警備員さんがやってくる。「早く帰りなさーい。」「はーい」
9時を過ぎると昇降口に鍵がかけられる。もう、ホントは誰もいないはずの校舎。
おなかもすいたし、そろそろ帰ろう。

下駄箱から靴を持ってきて、もう昇降口からは出られないから教室の窓から飛び降りる。空気が冷たくて、金木犀がみっちりつまっている。空は星空。

自転車で坂道を下って、ローカル線の駅前で肉まんを食べて帰る。時間が遅いから、お店のおばちゃんが肉まん1個って頼んでるのに2個くれる。蒸かし過ぎでぶわぶわの肉まん。おいしかった。

いくらでもしゃべることがあった。あの時のトモダチと今会ったら何を話すかな。

金木犀の花は高校生のワタシを連れてくる。

|

« いろいろ | トップページ | 手品 »

コメント

金木犀の香りはにしちゃんを一気に高校生の心に帰してくれるのね。
真っ暗闇からただよう香りって強烈ね。

投稿: さわ | 2007年10月10日 (水) 11時08分

読んでいてその時の情景が浮かんできました。
金木犀でタイムスリップか。
でもそうして一生懸命やっていたからこそ想い出になるのかな。

投稿: TAKU | 2007年10月10日 (水) 12時47分

>さわさん
いいにおいがすると夜のお散歩がしたくなります。春は梅と沈丁花、秋は金木犀。
冷たい夜気といいにおい。それにしてもいっぱい金木犀植えていた学校だったな。

>TAKUさん
時を駆けちゃうのはラベンダーの香りでしたっけ?
毎日親子喧嘩でしたよ。帰りが遅いって。風邪ひいて授業出ないで部活だけ行ったりとか。(笑)今も風邪の時は仕事行って、遊びに行く時に休暇とってるなぁ。あんまり変わり栄えしませんね。

投稿: にし | 2007年10月10日 (水) 23時43分

金木犀の香り、わたしは小学校を思い出します。
目に浮かぶのはいつも校舎の一角。
そのあたりに金木犀が植わっていたのかな。
花は思い浮かばないのですが。

なんでもない一場面がいつまでも忘れらない
ということもありますね。

投稿: やすこ | 2007年10月10日 (水) 23時45分

やすこさん、こんばんは。
嗅覚は特に記憶と結びつきやすいと聞いたことがあります。原始的な感覚だからなんだって。
やすこさんが思い出す校舎の一角には何があったんでしょうね。金木犀じゃないような気がする。

投稿: にし | 2007年10月11日 (木) 21時11分

こんばんわ。お久しぶりです。

こちらでも金木犀の香りが町中にいっぱいに
なっています。
もうすっかり秋なんだなぁとしみじみ。。

たしかに香りって懐かしい記憶を思い出させてくれますね。

投稿: itimi | 2007年10月13日 (土) 21時16分

itimiさんお元気でしたか?
金木犀が咲くと一気にひんやりする気がします。
itimiさんは何を思い出すかな?

投稿: にし | 2007年10月14日 (日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167619/16713943

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のにおい:

« いろいろ | トップページ | 手品 »