« ナツノオンガク | トップページ | 近くの花火 »

2006年8月 1日 (火)

遠くの花火

今日はとなりまちの花火。

海に行ったら見えるから、短パンに着替えて。缶ビールと缶チュウハイと一本ずつ持って。晩ごはん代わりに生春巻きを作って。てくてく海まで。

砂浜に出たら、ナイロンテープで柵がしてある。なあに?場所取り?と思ったら、砂浜が崖みたいになっちゃってる。びっくりしたなぁ。砂浜の侵食は知っているけど、ここはこんなに浜が減っていたのか。こどものときの半分もないよ。20年も前から養浜対策してるっていうけど、効果が出ていないんだな。むー。

ちょっと悲しい気分になりながら、砂浜に生えてる草の上に腰を下ろす。今日は曇っているから、大きな花火が上がると上が雲に隠れてしまう。大きなの見たいんだけどなぁ。でも下半分しか見えないしなぁ。

花火もきれい。並んで灯台の明かりもきれい。白いのと、青いのが変わりばんこに光る。

いい感じに酔っ払って、海の潮気でしっとりして、さあ、うちへ帰ろう。

|

« ナツノオンガク | トップページ | 近くの花火 »

コメント

浜が侵食して崖みたいになるって驚きました。
大阪では砂浜自体を探すことが難しい。ほとんどがコンクリートで固められていますから・・・
浜辺で夜風にあたりながら
遠くの花火を見るのってうらやましいな。

投稿: itimi | 2006年8月 3日 (木) 21時07分

ほんと、そんな花火もうらやましい。
この日のにしさんがそのまま絵になりますね。

投稿: ユキ | 2006年8月 3日 (木) 23時47分

itimiさんおはようございます。
大阪は海っていうより港って感じなのかな。海遊館の前しか知らないけど、あそこはとっても人工的ですね。
ここは一応「湘南」ってブランドがあるので、砂がないって言っても護岸は作れないのね。しょっちゅう海に行くわけではないので、たまに見るとえーまた海岸が減ってる!!ってびっくりします。これは温暖化とはまた別の話だと思うけど。

投稿: にし | 2006年8月 4日 (金) 09時30分

ユキさんおはようございます。
絵になるかなぁー??
ハマヒルガオの上にどでんと座って缶ビール飲んでる姿は「おっさん」っぽいよ。

投稿: にし | 2006年8月 4日 (金) 09時33分

仙台で学生やってた頃に、海の花火大会で防波堤に寝っころがって花火を下から眺めたことがあります。
その頃は砂浜で焚火したりとか自由に遊べたけど、近年は立ち入り禁止区域とか規制が増えてきてなんかさびしいですね。 

投稿: Kai | 2006年8月 4日 (金) 20時15分

地元海水浴場では夜の手持ち花火も禁止です。散らかして片付けない輩がいけないんですけどねぇ。
子どもの頃は海開き前とシーズン後(そういえば海閉めって言わないねぇ!)学校行事で海岸清掃がありました。今もあるのかな。

投稿: にし | 2006年8月 4日 (金) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167619/11193471

この記事へのトラックバック一覧です: 遠くの花火:

« ナツノオンガク | トップページ | 近くの花火 »